支出節約

家賃を安くする方法は!?不動産業者が絶対教えない俺の交渉術とは!?

家賃交渉してできるだけ安く住みたい!!
でも、どうすればいいの??

そんな疑問に素人の俺が編み出した交渉術。
名付けて、OSD(大家を探そう大作戦)

無駄な不動産業者への仲介手数料を省こうという作戦である。

※この記事は不動産業者が絶対教えてくれない賃貸交渉術を記した内容です。

まずは俺の結論

最終結論
借りたい家の管理業者を探し出す

賃貸契約の一番の無駄は仲介手数料です。
そこを省けるかは元付業者(管理会社)を見つけれるか次第です。

それで大家さんへの家賃交渉ができるかどうかも決まります。

貯金主義者

家賃交渉と仲介手数料で23万円の節約に成功しました。

家賃はどれくらいにすべき!?

家賃は手取りの3分の1と言われています。
月額20万円なら6万円以内ぐらいでしょうか!?

条件項目
・駅から徒歩7分以内
・セキュリティー強化
・家の近所にスーパー
・治安・騒音が良いか
・トイレ風呂セパレート
・キッチンの有無

安い賃貸が良ければ、何かを妥協する必要があります。
条件が譲れないならシェアハウスがおすすめです。

色んな人と関われ人生経験が豊富になります。
デメリットは生活保護を受けれないこと。

家賃を安くする方法は!?

課題①:初期費用を限りなく抑える。
課題②:仲介業者の紹介物件は絞る。
課題③:元付業者を絶対に探しだす。

課題①:初期費用
(敷金礼金/仲介手数料/鍵交換/清掃/火災保険料)

引越しの初期費用の基本は家賃5カ月分。
と言われており決して安い金額ではありません。

礼金:大家さんへ借りるお礼
仲介手数料:契約成立の不動産に支払う

・大家さんは借主から家賃収入が入る
・不動産会社は大家さんから契約収入

貯金主義者

礼金と仲介手数料はなくても実は困りません。
火災保険以外は値切れると覚えておこう!!

課題②:仲介業者の紹介物件は絞る
課題③:元付業者を絶対に探しだす。

(スーモ/アットホーム/ピタットハウス等)

大家⇒元付業者⇒客付業者⇒借主

マンションを賃貸として出したい。
不動産会社にお客様を探す依頼をする。
 
直接その依頼を受けた不動産を管理会社(元付業者)と呼びます。
その元付業者が共通データーベースに情報を流す。

その情報を元にお客様を紹介することを客付業者という。

例)5万円で賃貸情報が出ているとする。
  管理会社はスーモだがそれは裏情報。
 
  俺がスーモ(元付)で契約すれば仲介手数料0円。
  アットホーム(客付)で契約すれば手数料は高くなる。

元付業者で契約した方がコストは圧倒的に安い!!
何より、大家さんと直接交渉できるのは元付業者だけ

家賃交渉をするためにも元付業者を探す必要性があるんだ。

元付業者(管理会社)の探し方は!?

・元付業者情報は基本は非公開
・客付業者での契約が減るため公開されていない
・自力で探すしかないというのが現状

以前は物件情報を紙ベースで管理していたので
管理会社の欄(裏面)を見れば確認できたが今は難しい。

①気に入った物件を探し大家さんを訪ねる
②仲介業者に元付物件を紹介してもらう

自力で物件をネットで探し大家さんを訪ねる。
大家さんも賃貸物件に住んでることがすぐに見つかるかも??

もしくは仲介業者を何件も回り、元付物件を紹介してもらう。
意外と大手の仲介業者よりも地元に根付いた不動産の方が条件が良い。

貯金主義者

私の場合は②で6件回り、内見を18部屋見て決めました。
1月~3月は繁忙期なので家賃交渉は難しいです。

まとめ

・元付業者を見つけるのが最安に
・大家にも繋がり家賃も下げやすい

この方法で23万円節約
ー家賃5,000円×36カ月=18万円
ー仲介手数料 1カ月分 = 5万円

家賃は固定費の中でも一番の重要項目です。
家は癒し空間と呼ばれますが、ベッド良ければ全て良し!!

睡眠時に高級ベッドで寝ることができれば
全ては帳消しだと私は本気で思っています。

家賃節約してベッドを買いましょう!!
詳しくはこちらの記事をお読みください。

-支出節約