健康投資

オカムラのシルフィー中古でコンテッサセコンダ欠点を安く補うが最強のわけ




コンセッサセコンダの座り心地が別格すぎる!!
そう感じた俺を裏切らせたシルフィーは神か!?

という内容の話をするわけだが俺の中で
シルフィーvsコンテッサセコンダの最終結論が出た!!

この記事はシルフィーとセコンダを徹底比較した内容です。
※最安値サイトの紹介は最後にしています。

まず私の結論は!?

最終結論
 コンテッサセコンダを買うべきである

腰痛対策として健康投資をするも失敗に終わった。
あれだけリサーチしたのに、椅子は奥が深い。

・シルフィー肘なし中古(2万5千円)
・オカムラのクルーズCタイプ(7万5千円)

貯金主義者

ケチな私が10万円使って揃えた「机&椅子」
長時間座るには適さなかったのかな!?

チェアは健康投資になる!?

メリット
・腰への負担が減れば、健康を維持できる
・マッサージに行かず良くなり支出が減る
・集中して仕事に取り組むことができる

私がオカムラの高級チェアを買おうと思った理由は
将来的な腰への負担を考えてのことだった。

そしてオカムラでは、低座/後傾姿勢が最も腰への負担が少ないと言われており。2005年にはそれ専用のクルーズ&アトラスという商品を販売するほど。

リクライニングしながら仕事する!!という企業への提案は「だらしない」という理由から受け入れられることはなかった。

貯金主義者

見栄えだけが理由なら、個人宅で使用するなら最強なんじゃないか!?というのが購入のきっかけだったよ。

クルーズ&アトラスの考察①

コンテッサセコンダやシルフィーの話を差し置いて、デスクも重要なので少しさせてほしい。
この話をしないとシルフィーを購入した理由に繋がらないので・・・。

クルーズCタイプ(デスク)の特徴

メリット
 ・角度/高さ調整が自由自在
 ⇒後傾低座での使用が可能に。

 ・両腕をデスクに乗せれる
 ⇒チェアのアームレストが不要に。

机でも調整が可能なので、自分の希望姿勢で作業ができるのが最大のメリット。

腕は両腕で体重の16%負荷が掛かると言われており
肘置きかデスクに乗せることが推奨されてます。

貯金主義者

チェアを選ぶ前から絶対に後傾姿勢には必須だったので
購入するのは決めていました。後はチェアを選ぶのみ。

クルーズ&アトラスの考察②

クルーズを購入するなら、本来のセットチェアであるアトラスにすべきではないのか?
と思いたくさん検討をしてきましたが、結論はなしです。

2005年とは、クッション質も違うし、設計も全く異なる。
今買うべき商品ではないと考えました。

浪費する豚

オカムラで有名な「コンテッサかバロン」にしようブヒ!
前傾機能がある、シルフィーも人気みたいブヒ。

セコンダvsシルフィー

貯金主義者

2ちゃんねるでの最強候補はコンテッサセコンダみたい。
異論はないけど、価格も最強なのでもう少し検討させて。

コンテッサセコンダ 2017年

メリット
 ・スマートオペレーション
 ・完璧な座り心地
 ・リクライニングの角度(26度)
 ・ランバーサポートの自然さ
 ・アームの幅が太く置き易い

デメリット

 ・新品でも中古でも価格が15万前後と高すぎる
 ・ヘッドレストが固定式

シルフィー 2014年

メリット
 ・価格が安い 
 ・バックカーブアジャスト

デメリット

 ・アームレストが追従しない

シルフィーは前傾姿勢というゴミ機能を搭載しているせいで
後傾の際、アームレストが追従しないという大きな欠点を抱えている。

そんなに大きな問題なのか?とも思っていたが
後傾姿勢でパソコン作業をするとアームレストに腕が乗せにくい。

その反転、細身~普通であれば、バックカーブアジャストのおかげで
座った瞬間から包み込まれる感じがしてめちゃくちゃ座り心地がいい。

セコンダとシルフィーが同等の座り心地に感じたのだ。

貯金主義者

シルフィーは「アームレスト、ヘッドレストなし」なら、セコンダにも引けを取らないと感じた。
その欠点はクルーズCタイプのデスクで補い、中古市場でも価格は1/5でコスパは最強。

浪費する豚

そんな理由でケチるから失敗したんだブヒ。
テコンダのリクライニング角度(26度)こそが重要だったんだブヒ。

最安値の購入場所について

最安値で購入できるサイト
 新品:オフィス家具 AOC
 中古:中古オフィス家具 楽市

シルフィー2018年製
総合計    :26,800円

シルフィー  :24,200円
送料     : 2,600円
(西濃運輸営業所止めなら送料が安い)

貯金主義者

今回は、 中古オフィス家具 楽市で購入した。
たくさん調べたこともあり、安くいいものを買えました。

2ちゃんねるで最強の方法として紹介されてる。
 ・オフィス家具AOCで見積もりを作成後。
 ・大塚家具で提示すると更に安くなり、最安値になる。

まとめ

シルフィーは腰痛対策にはなりえないチェアだった。

これがシルフィーを購入して3カ月間後の感想である。
理由はリクライニング角度にあり、シルフィーは23度である。

購入前はこれで十分背中を預けられると思っていたが、実際は体重を背中に預けることができず、長時間同じ体制での作業ができなかった。
休憩時間も椅子に座るので、ヘッドレストが欲しいと感じたのも原因の一つである。

貯金主義者

値段が5倍ほど違うので諦めもついたのは事実、でも次買うならコンテッサセコンダにするだろう。

-健康投資