【子育て】

雛人形を松屋町で買うおすすめ店は?老舗の久宝堂に騙された私の結末

更新日:

スポンサーリンク

 

この記事は松屋町を代表する雛人形の老舗「久宝堂と増村」

どちらで購入するのが良いかを考察した内容です。

 

今回は娘の雛人形の下見に松屋町へ行ってきました。

雛人形といえば、素人とプロの知識差が圧倒的な商品です。

 

当然ながら、騙されてしまいました(笑)

詳しい上にあんな営業トークされたら信じるだろ・・・。

 

スポンサーリンク

雛人形の町「松屋町」

 

鶴見緑地線「松屋町駅」を上がった所にあるのが雛人形の町。

どこから見ようか悩むぐらいの店舗数があります。

 

色々見た結果、大手老舗の2社「久宝堂と増村」で十分だという判断をしました。

種類の豊富さ、品質の良さ、アフターフォローがしっかりしてるからです。

 

 

さて、ここからが本題。

増村本店から久宝堂本店を見るのがおすすめです。

 

増村では店長さんが案内してくれ、商品の細かい見方・選び方など丁寧に教えてくれます。

良い商品を自信を持って販売しているのが説明を聞いてて伝わってきます。

 

 

知識を教えて貰った状態で、いざ久宝堂へ移動。

それは「ガラガラガラ・・・」と一瞬で崩れましたwww

 

増村とは全く真逆のことを教えてくれるんだもの。

店員さん曰く、増村と久宝堂を行き来したお客さんが混乱するのはよくあることだと。

 

この事実確認をするために、行き来を繰り返し。

結局、朝から閉店までいました・・・。

 

この情報合戦が面白すぎたからですけどね(笑)

 

「増村vs久宝堂」の情報戦

 

商品の見極め方はたくさんあるのでメイン情報を載せておきます。

増村vs久宝堂でアピールポイントが全然違うのがわかると思います。

 

【議題】(対立)

・着物「化学繊維vsシルク」

・手の素材が「樹脂vs木」

・腕折り(かいなおり)の位置

 

【高級品】(増村情報)

・人形が「足付き・足袋履き」

・着物が背縫いされてるか?

・額飾りのひと手間

 

【職人技術】(久宝堂情報)

・着物の裾が下を向いているか?

・シルエットが正三角形か?

・背筋が倒れず真っすぐか?

 

 

増村は高級品志向で良い物を安くというのが凄く伝わってきました。

対して、久宝堂は予算に合わせた実用的なものをという感じでしょうか?

 

どちらの情報が正しいのか!?

 

【着物編】

・雛人形の着物はシルクが当然良い(増)

・化学繊維もシルクも一長一短(久)

 

化学繊維は静電気を起こしやすくホコリが付きやすい。

シルクは繊細で湿気に弱く、ホコリが付くと将来シミになる。

 

これはどちらも真実ですが、高級雛人形は全てシルクを着ていると増村(店長)の一言。

片付けの際の清掃を怠るとどちらも悪くなるので、品質重視ならシルク一択。

※ただし、シルクの質にもよる。次記事で紹介。

 

 

【素材編】

・安物は手が樹脂で出来ており年数が経つと変色する(増)

・木も樹脂もどちらも変色するから同じ(久)

 

樹脂はリカちゃん人形の素材と同じで欠けたりする心配がない。

木と樹脂では塗料が異なり、変色したりすることはない。(増)

 

いつかは変色するので嘘ではないが、木製は顔と同じ塗料らしく変色しにくいのも確か。

長年持ち続けるという雛人形の購入意義からすると木製がベスト。

 

 

【腕折り(かりなおり)】

・腕は簡単に動かすことができる(増)

・腕の位置で職人の技術が分かる(久)

 

腕折りとは雛人形の仕上げで針金を曲げる工程。

これは職人でも難しく一発勝負のため技量がいるとされている。

 

私が一番混乱させられたのがコレ!!

 

手の位置は低く・懐は狭くの技術が難しく、それが出来るのが一流の職人の証(久)

手は針金なので簡単に動かすことができ、位置を低くすることは簡単と実演(増)

 

トップクラス雛人形師の大橋弌峰さんによると一発勝負とやはり名言してる。

だが、針金なので時間が経つと多少開いたりするのもまた事実。

 

それを手で修正してあげたりするのはよくあることらしい。

でも動かさない方が良いには決まっている。

 

どちらも自分の店に有利になるような営業トークをしてることがわかる。

店先では、増村の説明を聞いて、久宝堂に騙されたと思ったが、家で調べていると逆なような気がしている・・・。

 

最後のまとめ

 

雛人形の情報収集で下見に行ってきたわけだが、騙しあいというか自分の店にとって都合の良いことを話すので、何が真実かは正直わからない。

 

・増村で学んだのは「雛人形の選び方」

・久宝堂で学んだのは「職人の技術」

 

これはハッキリしているので、次回訪問時に再度、質問を投げかけてみようと思う。

素人がプロの知識には敵わないのでどちらを信用するかはそれで決めようと思います。

※追記

再度、松屋町に訪問してきて、自分が疑問だった点を聞いてきました。

 

今回は久宝堂の店長さんに対応して話を伺いました。

詳しい、詳しすぎるよ・・・。前の店員さんや増村の店長の話が薄っぺらく聞こえる。

 

中国のシルクとブラジルの化学繊維の価格差は同じという話やら色々教えて貰いました。

結局は、久宝堂の店長の話と増村の店長の話を信用するか?ということだったのですが。

 

総合的に話を聞いてみて、久宝堂の店長さんの話を信用して購入することにしました。

腕折りした後でも腕は全然動かすことはできるというあの発言はさすがに信憑性に欠けたかな・・・。

 

そして何より思ったのは、知識レベルが全く違うので久宝堂の店長さんに絶対話を伺うべきだと思います。

そこらへんの女性店員さんは腕折りすらわかってないので・・・。

 

購入した金額を記載した記事です↓

雛人形のお下がりを譲り受けはダメ?7段飾り購入で嫁と大喧嘩した話

-【子育て】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2019 AllRights Reserved.