【固定費】

【低収入の貯金節約術】年収300万で底辺の俺が結婚生活に困らぬワケ

更新日:

スポンサーリンク

人生を変えたければ固定費を見直せ!!

その報酬はなんと・・・。約1億円!?

 

知っていれば得して、知らなければ損をする。

節約が情報戦と言われる由縁。

 

俺は稼ぎはないが、節約への想いはかなり強い。

この想い(情報)。 「君に届け。」

スポンサーリンク

なぜ節約をするのか!?

節約をしようと思ったキッカケ。それは・・・。

もっと自由に使えるお金が欲しいと思ったから。

 

旅行したり、服を買ったり。自分の好きなことにお金を使いたい。

でもできるだけ働きたくはない!!

 

残業で自分の時間も犠牲にしたくない。

20代、30代の若かりし時間は、1億円払っても戻っては来ない。

 

脳裏によぎる「タイム・イズ・マネー」

 

それを叶えることができるのが無駄を省く節約術です。

(※宗教っぽい説明になってしまったが、まじめな記事ですww)

 

無駄な節約とは!?

節約の基本スタイルは無駄を省くこと。

言い換えると何が無駄なのかを見極めることです。

 

個々の価値観なので「これが無駄だ」とは一概には言えませんが、絶対に無駄ではないと自信を持って言えることがあります。

自分の意志で購入したモノやコトは無駄ではないということ。

 

・こだわって購入した商品
・美味しいレストランでの食事
・新しい未知の体験
・想い出を作る旅行

 

一度体験してみて、満足感を得られなかったら次は購入しません。

その経験が幾つも積み重なって、今の私の価値観があります。

自分が欲しい!!やりたい!!と思った心は無駄ではなく、対価を払って大切にすべきです。

 

固定費を見直せ!?

記事の書き出しで書いた、人生を変えたければ固定費を見直せ!!

という私の名言が飛び出すぐらい、固定費は節約の宝庫です。

 

固定費に注目する理由

一時的な出費とは異なり、毎月支払金額が大きく継続的だからです。

 

昔、嫁に何で格安スマホにしないのか聞いたことがあります。

返ってきた答えは「よくわからないから」

調べるの面倒だし手間も掛かるから、少しぐらい多めに毎月支払する。

 

手間をお金で買うということ。それも一理ある!!

だが、その積み重ねが約1億円だと理解しておく必要性はあります。

 

四大固定費は本当に必要か!?

固定費の中でも、生涯支払金額が多いと言われているのが四大固定費です。

「住宅費・車両費・保険費・通信費」

価値観や環境、生活スタイルによって固定費につぎ込む重要性が変わります。

だからこそ、本当に必要なのかを疑問を持ちながら見ていきましょう。

 

【住宅費 約4,000万円】

永遠テーマと言われる「マイホームvs賃貸」

・35年ローンを組むか?

・家賃を払い続けるか?

 

〇一軒家は早く買うと建て替えなければいけない。

〇賃貸は長生きしたら、家賃を払い続けなければならない。

 

どちらがお得なのかは条件によって異なり、二極化で結論出ず。

低年収ならば、中古物件の検討をおすすめします。

 

ポイントⅠ

私の場合は、中古物件を購入し350万円のリフォームを施しました。

住宅費の半分である2,000万円を削減に成功しました。

大家を口説け!!【家賃交渉NG】高い初期費用を安くする賃貸の秘密

 

【車両費 約2,400万円】

利便性に優れ、生活必需品となっている自家用車。

軽自動車でも「車両費と維持費」合わせると2,000万円越え。

 

自家用ヘリコプター並みの贅沢品の感覚www

 

車の取捨は2択

「持たない」交通機関が便利な立地に住む。

「持つ」土地が安い田舎に住み、車移動メイン。

 

ポイントⅡ

・2,000万円で利便性を買うか?

・教育資金や老後に残しておくか?

 

子供が小さい間だけ中古車を購入はありかも。

【維持費2,000万の軽自動車vs車検もいらないタクシー】コスパ最強の節約比較した結果

 

【保険費 約1,200万円】

保険不要論者としてはゼロ円で!!

貯蓄200万円以上あれば、医療保険は不要とされている。

※遺族年金や高額療養費制度などで十分対応できる

 

保険を検討する余地があるとすれば

・子供18歳以下+専業主婦を養っている

・ガン5年生存率にも備えたい

 

正直、上記以外の場合は保険に加入する必要は全くない

全ては結果論だが、隕石にあたるような保険の掛け方が目立つ。

 

ポイントⅢ

保険は万が一、何かあった時のために入るものである。

貯蓄性や利益を得るのは本質ではないので、掛け捨てにすべき。

【生命保険】不要論者が高い貯蓄型ではなく掛け捨てを選ぶワケ

 

【通信費 約840万円】

「docomo、au、softbank」
使っている人・・・。すぐに解約すべし!!

 

検討の余地はない!!
格安SIM or 格安スマホ一択

.圧倒的に安い月額料金
'破格なデータ通信料

 

月額8,000円⇒月額3,500円は大きい。

 

ポイントⅣ

店舗がなく修理が不便なのはご愛嬌。
価格ドットコムで購入がおすすめ。

【2019年度版】スマホ高いには訳がある!?安く持つデメリット徹底解説

まとめ

なぜ年収300万円でも困らないのか??

⇒固定費を徹底的に削り、出費を抑えているから。

 

出費を減らすということは、収入が増えてるのと同等の価値があるのです。

 

だがしかし!!
生活に困らなくても、貯金ができない現実wwww

共働き必須なのは言うまでもありません。

 

ともあれ、固定費で見直すことで数千万円という金額が浮くのですから人生が変わる要素ではないでしょうか!?

【2019年度版】スマホ高いには訳がある!?安く持つデメリット徹底解説

【副業】サラリーマンに絶対おすすめしない小遣い稼ぎとは!?実体験をレビュー!!

-【固定費】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2018 AllRights Reserved.