支出節約

生命保険はいらない!?必要かもを不要論者の俺が浪費と断言する理由




生命保険は単なる浪費だ!!

そう語るのは、保険不要論者のこの私。
保険に加入しないだけで600万円は貯蓄できる。

では、一体何のために保険に入るのか!?
※この記事は生命保険の必要性を検討した内容です。

まず私の結論

最終結論
 国民保険
でカバーでき、生命保険は不要

日本の国民保険はかなり充実している。
医療費/生活保障をカバーできると結論付けた。

調べたら保険いらんやん・・・。

貯金主義者

生命保険や医療保険に加入しないだけで
600万円以上の支出を削減できるよ。

保険は本当に必要なの!?

生命保険:死んだ後に保険金を貰える権利
    ⇒残された人が生活に困らないように。

医療保険:入院の際に一時金を貰える権利
    ⇒入院/手術代が払えなくならないように。

メリット
不慮の事故があった時、お金に困らない。
デメリット
毎月、保険代が発生する。

生命保険や医療保険は、不慮の事故が起きてしまった場合に
お金の保障をしてくれる内容になっています。

万が一に備えるのが保険とよく言いますよね。

このように書いてみてる見ると絶対に必要だと思います。
ですが、このメリットが国民保険でカバーできるとしたらどうでしょう?

国民保険の保障内容は!?

遺族年金制度
 -医療費助成制度ひとり親
高額療養費制度
 ー生活保護制度

①遺族年金(遺族基礎年金+遺族厚生年金)
年間130万円~160万円(月12万円程度)

子供がいる場合でも、高校までは無償化、大学は奨学金制度を使えば十分生活できる。
医療費助成制度も活用できるので、ほとんど困ることはないだろう。

医療費助成制度とは:
医療費負担額が1割ないし無料になる。

パート代12万円+遺族年金12万=生活費「月24万円」

この金額で生活できない人であれば
もっと頑張って働くか、そんな人こそ保険が必要かも!?

浪費する豚

月24万じゃ全然足りないブヒ!!
無駄になっても良いから毎月お金払うブヒ!!

②高額療養費制度

高額な医療費の軽減される制度。
(※公的な医療保険の対象に限る)

自己負担額上限
年収370万円   57,600円
 ~770万円   80,100円+α


  
保険加入していなくても
どんだけ高い手術でも実質10万円以内可能に。

そもそも保険会社でも200万円のすぐ使える貯蓄があれば
医療保険に加入する必要性は薄いとしています。

一番高額なのは、長期の抗がん治療
※5年生存率で計算してみる。

57,600円×12か月×5年=3,456,000円
80,100円×12か月×5年=4,806,000円

保険に加入しておらず、200万円ない場合。
治療が出来ずに、死ぬのを待つしかない!?

日本はそんな国ではない!?

そんな時に活用できるのが、生活保護制度。
医療費が無料になるので、全ての資産を手放し受給しよう。

貯金主義者

生命保険や医療保険に加入しなくても
国民保険のみでカバーできるんだね!!

積立貯蓄型保険はどう!?

老後資金になると勧められる保険がある。
積立貯蓄型:老後貯蓄+死亡保障付き

デメリット
・返戻率が低いのにリスクが多い
・高額な保険料を払い続ける必要がある
・中途解約すると元本割れで損をする
・インフレが起きても全く対応できない

浪費する豚

銀行に預けてるよりも良いブヒ!!
死亡保障まで付いてるのにダメな理由がわからないブヒ!?

人生は長く価値観が変わる可能性があります。

例えば
・仕事を辞めて田舎に移住したい
・子が成人して死亡保障が不要に
・大きなお金が必要になった
・病気で働くことができない

これ以外にも可能性は十分あるので、絶対に中途解約しないとも言い切れないと思います。

貯金主義者

元本割れが嫌だから払い続けようという気持ち。
それが人生の選択肢を狭めるのかもしれないね。

まとめ

結論保険は加入する必要がない

不慮の出来事があっても最低限の暮らしはできます。

私にはそんな質素な暮らしは無理!!
という場合は、600万円支払って保険に入ってください。

600万円だと死亡保障3,000万円ぐらいなので
月10万円ぐらいは生活の足しになるかもしれません。

-支出節約