【子育て】 【無痛分娩】

【後悔】初産の無痛分娩は難産になる!?リスクとデメリット徹底解析

更新日:

スポンサーリンク

 

結論:計画無痛分娩はおすすめしない。

 

これだけは強く言いたい

無痛分娩と計画無痛分娩を絶対に混同してはならない!!

 

海外では無痛分娩が広く行われているが、計画無痛分娩ではない。

日本で行われている多くが計画無痛分娩だ。

 

こんなはずじゃなかったのに・・・。とならないように是非知ってもらいたい。

スポンサーリンク

 

計画無痛分娩の違いとは!?

無痛分娩は和痛分娩とも呼ばれ、分娩方法は全く同じ。

勘違いされる人も多いが、病院によって呼び方が違うだけ。

 

本題に戻るが「麻酔科医が常駐しているかどうか」

 

海外では24時間麻酔科医が常駐し、破水してから麻酔できるような体制を整えている。

一方日本では人が足らず、麻酔科医を借りてくる計画分娩が主流であること。

 

 

無痛分娩は、背中に麻酔を入れることで陣痛の痛みを和らげる。

問題はその背中(硬膜外)に針を挿入するのが麻酔科医しかできないということ。

 

麻酔科医が常駐していない産婦人科では外部から日程を調整して呼ぶことになる。

つまり、計画分娩しかできないのだ。

 

これが何を意味するのか?

 

破水してから無痛分娩をしようとすると、麻酔科医の都合次第で「自然分娩」になる可能性が高い。

だから麻酔科医が常駐していない産婦人科では、無痛分娩を確実に行うため計画を立てるのだ。

 

海外で頻繁に無痛分娩が行われているが、日本とは違うことは頭には入れておきたい。

 

【計画無痛分娩】デメリット

 

無痛分娩よりも費用が高い

・この内容は後日別記事で

 

初産は難産になりやすい

・陣痛が2分間隔で激痛

・分娩時間が長くなる

・帝王切開の確率が上がる

・麻酔失敗なら合併症に

 

 

初産は難産になりやすい!?

 

【1日目】

分娩前日のため、バルーンを子宮口に入れ広げる。

硬膜外カーテル(麻酔管)を挿入して明日に備える。

※痛くてその日は寝れません。

 

【2日目】

陣痛促進剤を点滴で注入。破水したら陣痛開始。

計画分娩のデメリット発動!!「陣痛2分間隔」

 

自然分娩は15分間隔からの前陣痛から始まり段々短くなっていく。

それが陣痛促進剤のせいで最初から激痛が2分間隔で襲われる。

 

初産は子宮口の広がりが悪いので、自然分娩よりも辛い。

 

 

麻酔が使えるから痛くないんじゃ!?と思ったら大間違い。

 

【麻酔の条件】

・子宮口4㎝以上から可能

・陣痛を弱めない程度

・胎児への影響を考慮

 

 

麻酔の効きは個人差があり、陣痛は子宮口を大きくする痛みだ。

 

初産は広がりが悪いので、陣痛を弱めることがあまりできない。

つまり、麻酔を一定以上入れることはできない。

 

我が家は2分間隔の激痛に耐え切れず、麻酔を懇願して入れてもらうも。

10段階評価すると陣痛が10だったのが4まで下がり、子宮口は広がらず翌日へ。

 

ポイント:初産なら2日目に産まれる可能性10%未満

※先生が実際にそう言われました

 

陣痛促進剤でもし破水していなければ、退院帰宅の人もいるという。

計画分娩が早かったとのことで、再度日程調整を行う。

 

【3日目】

破水してから時間が経つと、雑菌が入る可能性が高くなる。

今日の選択肢は「出産するか、帝王切開するか」

 

 

この時・・・。全てを悟った。

初産だと2日目で産まれないことを産婦人科は知っていた。

稀にいる麻酔を使用しても陣痛が進む可能性にかけていただけだと。

 

3日目は麻酔で陣痛が弱くなると出産できない。

つまり、自然分娩とほぼ変わらないのに陣痛は2分間隔で襲う。

麻酔入れますねと言って、入れたフリして入れてなかったしwww

 

事前の説明で

産婦人科<どうしても無痛分娩が良い人の意向に沿っている。

このセリフは一連の流れが想定内だった!?

 

 

その後どうなったか?

・我慢できず帝王切開を要望

・必死に赤ちゃんを子宮口に導く

・子宮口9.5㎝で強引に吸引出産

 

破水してから30時間という長期戦だった。

陣痛の激痛が2分間隔でくるのが何よりも耐えがたい。

 

まとめ

この出来事の後、色々な論文を読み漁った。

(出産前に読めって自分でも思う・・・。)

 

計画無痛分娩は経産婦ならスムーズに進みやすいが、初産は難産になりやすいとその時初めて知った。

計画無痛分娩からの帝王切開のパターンもよくあるらしい・・・。

これを最初に知っていたら、計画無痛分娩は選ばなかったと思う。

 

結論は破水してから無痛分娩のできる24時間体制の産婦人科を探すことをおすすめします。

 

計画無痛分娩にもメリットがあり、日程が決まっているので立ち合いは非常にしやすくなるので、リスクを理解したうえで是非検討してみてください。

 

出産は母と子の命がけです。

無痛分娩を検討している多くの方に、この情報を読んで少しでも参考になればという想いで書きました。

 

周りの人で無痛分娩を考えている人がいたら是非教えてあげてください。

無事に健康で元気な子が産まれてきますように。

【サンタクルス夙川】和痛分娩の費用70万!?悪い評判の真相を体験レビュー

-【子育て】, 【無痛分娩】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2018 AllRights Reserved.