『何かを変えたくて』Mr. Kitagawaの弟子に

ホームステイ受け入れは儲かるの!?費用を差し引いても利益は残る??

ホストファミリーとして短期留学生を受け入れたい!!
そう考えた人がこのページに辿り着いたはずです。

私は中国語に興味があり受け入れたらしゃべれるかも??と思い調べ始めたのがきっかけでした。

その過程で海外ではホームステイはビジネス化してることを知り
本当に儲かるのか!?について考察することにしました。

目次

まず私の結論は!?

最終結論
長期プログラム「4カ月」に申し込みました

・毎月約7万円貰える
・失敗体験を経験できる

受け入れ課題は 「個室を用意すること」

[st-kaiwa2]

ホストファミリー初心者なので本当は短期プログラム希望だったけど、コロナでいつから開始されるかわからないんだよね・・・。

[/st-kaiwa2]

ホームステイの課題は!?

必須環境
・家から通学1時間以内
個室部屋とエアコン・wi-fi
朝夕2食・休日3食の食事提供
・来日後、約2回送迎できること

一般家庭で困難なのが個室部屋を用意することだと思います。
ひとつ部屋が余るような状況は普通はなかなかありません。

我が家はまだ娘が小さいので、その部屋を貸し出すことにしました。

それ以外で問題となるのは、食事提供でしょうか?
朝はともかく、晩御飯をしっかり作る必要性があるのは大きな負担です。

これが一番の課題で、普段は納豆と味噌汁+αが基本なのです。
さすがにホームステイで人が来るとなると少し気が引けます。

大学側に確認をすると食事はいつも食べているもので大丈夫なので普段通りの食生活を送ってくださいとのことでした。


そして、ホストファミリーに落ちることはほぼ無いとのことでした。

理由はホームステイ先はあまりないのが実情で大学側が必死に探すのが恒例とのこと。

[st-kaiwa2]

ひとつ部屋が余っていたり、共働きで食事準備もとなるとホストファミリーのハードルは高いのかもしれません。

[/st-kaiwa2]

 メリット・デメリットはあるの!?

メリット
毎月お金が貰える
・失敗経験を積むことができる
・人生の価値観が広がる
・海外へ人脈ができる
・何かのきっかけになるかも?

私が一番重視したのは、娘への影響です。

B型の娘は、自分の物への独占欲が強く、自分の意思を何が何でも押し通そうとします。

私もB型なのでよくわかりますが、本当に典型的だと感じます。
この欠点は治らないし、気質なので大幅に改善されることはないとも予想は付きます。

その反面、B型の長所もあります。
「常識がないから型に捉われない、周囲を気にしないフリができる、行動力がある」

これを更に加速できるのがホストファミリーなのではないか!?
そう感じたから、受け入れ登録をすることにしました!!

なんていうのは、きれいごとです・・・。
働いていない今、お金も必要なのは事実です。

確かに未経験だからこそ楽しみはありますが、お金が貰えなければ絶対にしません。
つまり、最大のメリットはお金を貰えることだと思います。

デメリット
大食いが来たら破産
・価値観が合わず過ごしにくい
・娘と仲良くなれなければ地獄

懸念点としてはこれぐらいでしょうか?

ネット等の書き込みを見ると「水を出しっぱなしにする」「騒音が凄い」などあります。
ですが、相手は大学生、話をすればある程度理解はしてくれます。

一番問題なのは、大食いであること。
こればかりは食事量の問題なので解決の使用がありません。

一応留学生にも希望の欄があり、ホームステイ先に子供の有無を決めることができます。
なので、子供がいても良い学生のみが我が家に来ることになるので恐らく子供は好きなはず!?

そう考えるとさほどデメリットはないかもしれません。
宗教上の食べ物は事前に受け入れ有無の選択ができますしね。

補助費はいくら貰えるの!?

私の家から近い二つの候補地から検討してみました。
大学によって貰える金額が大きく異なります。

関西学院大学 日額:約2,300円
甲南大学   日額:約2,200円

短期 月額76,500円「1カ月~3カ月」
長期 月額66,300円「6カ月以上」

関西では、関学と甲南は「産近甲龍、関関同立」と呼ばれる私立大学です。
別の大学も調べてみましたが、有名私立大学の補助費は多い傾向にありました。

海外ではホームステイの補助費を副業としてる家庭が多く、日本のようにお客様として迎える家庭は少ないようです。

[st-kaiwa2]

一カ月7万円貰えるなら利益がは出そうだけど、大人一人増えると出費はいくらぐらい掛かるんだろう??

[/st-kaiwa2]

受け入れによる出費額は!?

出費項目
・朝、夕食の食事代
・水道光熱費
・生活消耗品

大体2万円~3万円ぐらいかな!?
ならば月5万円の利益が出ることになる。

というとそうではない。
外食する日もあれば、一緒にお出かけする日もあるだろう。

海外では、全くお出かけもせず放置するというホームステイ先も多いらしいが日本人は違う。
どこかに連れて行って、美味しいご飯をご馳走する日もあるはずである。

そう考えるとめちゃくちゃ儲かるというわけではなさそうだ。

まずは登録してみた!?

受け入れ方法
①大学のサイトへアクセス
②登録をネットで提出
③メールで登録番号が来る
④大学側から受け入れ要望
⑤承認すると確定

ホストファミリーの申請は掛け持ちOK

家族写真や個室部屋の写真を添付する必要があります。
家族紹介や留学生へ向けたコメントなども書く必要があるので1時間ぐらい掛かりました。

特に難しいことはありませんが、自己紹介等は英語で書く必要があるので、Google翻訳を活用しました。
最近はホント精度が高くて勉強にめっちゃなるのでおすすめです。

まとめ

月7万円貰えるならする価値がある!!と結論付けました。

大学側からも初心者は短期プログラム(1カ月から3カ月)をお勧めされました。
理由としては、毎年何らかの問題は起きるみたいでホームステイ先が変わるということがあるみたい。

今年はコロナの影響でまだ留学受け入れ自体が未定なので、現時点ではわからないとのこと。
もし来ることになれば、その経験談も書いていけたらと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

働くことを断捨離した節約ブロガーです。

2021年4月に会社を退職し、妻と娘で3人生活で暮らし。

「不健康は最大の支出である」との考えから健康投資にも注力。
独創的な内容の執筆を心がけています。

趣味/小籠包作り

目次
閉じる