【美容】

【美容効果の闇】保湿剤ヒルドイドが美肌にしわを増加させるデメリットの根拠

更新日:

スポンサーリンク

 

美容効果があると話題になったヒルドイド。

最高級アンチエイジングクリームは美肌を求める人々を皮膚科に駆り立てた。

 

雑誌に取り上げられ、乾燥肌の私も飛びつくように調べた。

だが何かがおかしい・・・。効果が信憑性に欠ける。

 

そこで研究者の論文を読み漁り、ひとつの答えにたどり着いた。

美容効果は一切なく、むしろ肌を老化させる原因だった!?

 

スポンサーリンク

ヒルドイドは効果あるのか!?

 

結論から書くと「保湿効果は最高品質」

だが、長期で使い続けるとお肌の劣化を招く医薬品。

 

 

 

ヒルドイドの作用効果

 

・高保湿
親水性が高く、角質細胞内の保湿に優れている。

 

・血行促進
血の固まりを溶かし、血行を良くして栄養を巡らせる。

 

・抗炎症
炎症を抑える薬でステロイドを弱くした成分が入っている。

 

 

 

 

特筆すべきは、高保湿を可能とした「へパリン類似物質(成分)」

基底細胞の弱っている部分を修復し、内部構造から荒れ乾燥肌を治す。

 

 

 

意味わかりますか??

これがいかに凄いことかわかるのに論文をどれだけ読んだことか・・・。

 

正直、美肌の概念が変ったほど、調べていて面白い内容です。

順序を追って、わかりやすく説明していこうと思います。

 

 

乾燥肌の原因とは!?

 

人間の皮膚には水分が蒸発しないように保湿してくれる物質あります。

 

「皮脂、角質細胞幹物質、天然保湿因子」

 

 

この子達は繊細で、外部の攻撃(紫外線等)に対してバリアを作り生活しています。

肌が乾燥せずに潤っているのはバリアが正常に機能している証拠なのです。

 

 

 

【バリア破壊要因】

皮膚の老化:年齢を重ねると肌の新陳代謝が悪くなる

界面活性剤:洗顔剤等に含まれバリアも分解し洗い流す

生活習慣乱:食事(40%)睡眠(30%)スキンケア(30%)

 

 

 

 

バリアが破壊されると、保湿してくれる物質は減少してしまいます。

これが肌トラブルとして乾燥肌や荒れ肌という症状になり表れます。

 

 

 

なぜヒルドイドが人気なのか!?

 

・天然保湿因子が増加

・角質細胞資質の構造が修復

 

 

これはある大学の論文で、ヒルドイドを反復塗布することで得られた効果です。

 

乾燥肌の原因は、バリアを破壊されることによる保湿物質の減少でしたよね!!

ヒルドイドを塗ると保湿物質が増えただけでなく、破壊された細胞構造までも修復されたのです。

 

他の保湿剤は、皮膚の表面上の水分を保湿するだけで、構造内部を治すことはありません。

即効性に優れ、保湿力が高く、保湿剤界では最高品質と言わざるを得ません。

 

 

 

 

 

は!?何言ってんだコイツwwww

 

 

ヒルドイドは界面活性剤が入っているのに最高品質!?

成分のグリセリン脂肪酸エステル、これはお肌のバリアを壊すのに矛盾してる。

 

 

 

そんな声も聞こえる可能性もあるので補足。

 

確かに界面活性剤のひとつですが、シャンプーや洗剤の1000分の1で活性効果はありません。

そして何より、皮脂を融解はするが分解はしないので、洗い流さなければバリアが壊れることはありません。

 

 

 

ヒルドイドは肌を劣化させる!?

 

お待たせしました、ここからが本題です。

ヒルドイドに美容効果は一切なく、むしろ逆効果です。

 

 

「肌の弾力、ハリ、ツヤ」が無くなった。

「しわが目立つ」ようになってきた。

 

 

 

これらの原因は、真皮コラーゲン線維束構造の崩壊です。

簡単に言うと、皮膚の中からコラーゲンが減少した状態。

 

美肌を保つには、真皮コラーゲン線維束構造の「再構築の促進」「崩壊を防止」を考える必要性があります。

 

 

 

【美肌:予防と対策】

 

「再構築の促進」:線維芽細胞を活性化させる

線維芽細胞はコラーゲン線維の集まりで、肌のハリや弾力に影響します。

 

「崩壊を防止」 :紫外線による活性酸素の除去

悪玉活性酸素はコラーゲンを酸化させるので、水素を使い結合させ水に変える。

 

 

 

美肌には、コラーゲンである「線維芽細胞の活性」は絶対です。

美容整形外科では、線維芽細胞増殖因子(FGF)をお肌に挿入するぐらい欠かせない存在。

 

 

ですがその「線維芽細胞の増殖を抑制する効果がある」と発表されたのがヒルドイドです。

 

つまりどういうこと!?

 

 

線維芽細胞は「コラーゲン線維、エラスチン、ヒアルロン酸」を生成する働きがあります。

活発に細胞分裂しては、古くなれば分解を繰り返すことで美肌を維持しています。

 

ヒルドイドを使用することで、その美肌(弾力やハリ)に重要な線維芽細胞の増殖が抑えられる。

結果として、線維芽細胞が弱くなることで、肌のハリが無くなりしわができる。

 

長期間使い続けると、お肌は老化してしまうのです。

 

 

 

 

こんなデメリットがあるにも関わらず、なぜ美肌効果があると話題になったのか??

 

ある女性雑誌で芸能人が

「化粧下地にヒルドイドを使っている」

「肌荒れ対策には鉄板のヒルドイド」

 

 

そのような発言から美肌効果があると独り歩きしだしたように思う。

現在の肌を見るとしわだらけで決して真似したいとは思わないはず。

 

 

 

最初にも説明したが、ヒルドイドには抗炎症作用がある。

 

これを塗りだしてからお肌が荒れなくなったというのは・・・。

風邪薬を毎日飲んで、風邪を引かなくなったと言っているようなもの。

 

使い続けるうちに皮膚は薬漬けに慣れる、肌にとって良いはずがない。

 

まとめ

 

ヒルドイドは肌の内部構造を修復し、保湿効果を高める点にはかなり優れている。

そして血行促進効果もあるので肌に栄養が巡りやすくなる点も評価できる。

 

だが、長期的に使うことはコラーゲン細胞を抑え込むことになり、肌の劣化を招く

 

 

結論を書くと、肌の調子が悪い時はヒルドイドで素早く修復し、治ったら使うのを辞める。

これが美肌を保つための正しいヒルドイドの使い方だと思う。

 

 

健康保険適用が話題になっているが、真実が広まり使う人が減ればいいな・・・。

 

ハチミツパック効果の10倍!?【はちみつ洗顔】肌荒れにおすすめの驚きの結果

【乾燥肌を治す裏技】セラミドって何がいいの?原因と対策を徹底解析

-【美容】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2018 AllRights Reserved.