【美容】

ハチミツパック効果の10倍!?【はちみつ洗顔】肌荒れにおすすめの驚きの結果

更新日:

スポンサーリンク

 

元職場にピチピチの美肌の女性がいる。

どうみても70歳の肌とは思えないほどハリツヤがある。

 

「どんなスキンケアしてるんですか?」

はちみつ洗顔だけ、それだけよ。と答えた。

 

絶対嘘だ!!

ハチミツパックしたことあるけど全然効果なかった!!

 

その明確な違いの謎が今夜解き明かされることになろうとは・・・。

 

スポンサーリンク

 

ハチミツパックの効果

 

結論から書くが

ハチミツパックには期待している以上の効果などない。

 

なぜかと言うと、肌に浸透する美容成分が少ないから。

 

 

【はちみつの美容成分】

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノール

 

 

肌に浸透する美容成分

 

浸透する

・アミノ酸
・ビタミンA
・ビタミンE
・セラミド

 

浸透しない

・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・ビタミンB
・ビタミンC

 

 

 

 

ラメラ構造と呼ばれる紫外線を守るバリアが、大きい分子と水溶性成分をブロックしている。

 

 

はちみつのメイン美容成分は「ビタミンB」

残念ながら水溶性成分は皮脂に弾かれ、角質奥へ浸透することはない

 

化粧品会社は肌に浸透させるために、水溶性の「ビタミンC」を「ビタミンC誘導体」と形を変えて配合している。

はちみつの成分では、皮膚表面上の角質にしか効果はないのだ。

 

 

・アレルギー反応で肌に合わない可能性

・治癒力に優れるが血行を悪くする

・ワセリンよりも保湿力が低い

 

 

というデメリットもいくつか兼ね備えている。

そのため、ハチミツパックがおすすめというわけではない。

 

 

マヌカハニーという高級ハチミツに関しては抗菌作用が高く医療用として用いられる。

ニキビの原因と言われるアクネ菌を酸化させたりもする。

 

どちらにせよ、はちみつを塗らず皮膚科へ行った方が良さそうな気もするが・・・。

 

 

以上から「蜂蜜半端ないって!!」とはならなかったわけだが。

ひとつの疑問に悩まされることになる。

 

 

 

はちみつ洗顔は神か!?

 

上記のハチミツパックの件で、はちみつには大した効果はないと結論付けていた。

しかし、はちみつ洗顔でピチピチ肌の女性がいるという事実。

 

この矛盾は私を大きく苦しめた・・・。

 

 

彼女の洗顔のやり方

「洗顔の泡に、はちみつを数滴混ぜて1分後に洗い流す」

 

 

ハチミツパック以上に効果が出るやり方だとはどう考えても思えない・・・。

論文を調べるもそんな内容はどこにも載っていない。

 

 

某料理ブログにて

「お肉をハチミツを浸すとタンパク質が分解されて柔らかくなる」

 

 

ちょっと待って!!

タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」がハチミツに入ってるのか!!

 

はちみつでエビのタンパク質が分解されアミノ酸に変わったという論文成果もある。

この瞬間、本当に興奮しました。(笑)

※書くのが楽しくなってきてテンション上がってますが冷静にご覧ください。

 

関連の話ではありますが、少し脱線します!!

 

 

カタツムリ化粧水

 

2011年に流行後、韓国お土産のひとつとなった「カタツムリ化粧水」

本場では、カタツムリを顔に這わせて効果を得るらしいです。

 

で、その人気の秘密がなんと「プロテアーゼ」なんです!!

 

「肌のタンパク質を分解させて、古い角質を落とす」というのが宣伝文句です。

寄生虫で肌トラブルが問題になって話題から消えたという豆知識。

 

 

で本題に戻りますが

プロテアーゼがタンパク質を分解するとなぜ美肌になるのか!?

 

 

これはメナードの研究で肌荒れの原因解明がされました。

 

「SPRR1B」というタンパク質は、肌荒れを起こすと5倍以上に発現します。

角質細胞の最外層に膜を形成するが不均一のため、肌がボコボコになり保湿力が下がると発表されました。

 

プロテアーゼが肌のタンパク質をアミノ酸に変換することで、落としにくい角質を洗浄し肌を整える

その結果、化粧のノリが良くなり、保湿力によって肌のハリツヤが維持されるわけです。

 

 

 

そして、はちみつ洗顔の効果はそれだけではありません。

・粘性による肌の摩擦の負担軽減

 

洗顔剤に含まれる合成界面活性剤は肌を守るバリアを破壊します。

泡立てた洗顔剤に粘性を加えると摩擦の軽減に繋がり、タンパク質が分解されアミノ酸になることから、値段が高く、肌に優しい「アミノ酸系界面活性剤」と同等の働きをします。

 

 

 

話しが長くなったのでまとめると。

 

はちみつ洗顔には

・古い角質洗浄による「保湿効果」

・皮膚バリアを破壊しない「洗浄効果」

 

 

これらが肌をピチピチに保つ秘訣だということがわかりました。

最後に、はちみつ洗顔の手順を乗せておきます。

 

 

 

はちみつ洗顔の手順

 

①手をしっかりと洗う

②洗顔料を泡立てる

③泡に蜂蜜を垂らす

④軽く混ぜなじませる

⑤顔に塗り1分程待つ

⑥洗い流し、タオルで拭く

 

 

以上が教えてもらったやり方です。

 

乾燥肌の人はこれに加えて、セラミド配合の保湿クリームをおすすめします。

化粧水は乾燥肌を促進する恐れがあるので、使用しません。

 

 

はちみつ洗顔に使用するはちみつの種類は「純正ハチミツ」にしてください。

理由は食用はちみつは、不純物や余分な糖分が含まれており、肌荒れの原因にもなるためです。

 

 

このはちみつ洗顔は本当におすすめなので是非試してみてください。

次回は【ニキビ対策】について書く予定です。

 

おすすめ記事なのでご覧ください↓

【乾燥肌を治す裏技】セラミドって何がいいの?原因と対策を徹底解析

【美容効果の闇】保湿剤ヒルドイドが美肌にしわを増加させるデメリットの根拠

-【美容】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2018 AllRights Reserved.