【趣味】

【腹筋ローラー効果】1日10回以上するな!!初心者でも3か月で下腹が割れたやり方とは!?

更新日:

スポンサーリンク

 

腹筋をシックスパックにしたい!!

男なら一度は考えたことがあるロマンです。

 

下腹が年齢を重ねるにつれヤヴァイwww

(このお腹に)同情するなら金をくれ。

 

自分に同情したので、腹筋ローラー購入しました。

そんな筋トレ初心者の俺でも1日10回で腹筋が割れたのかご紹介します。

スポンサーリンク

 

はじめに

まず皆様には私がいかに「ヘタレ」かを知ってもらう必要があります。

 

なぜそんな説明が必要かって!?

努力家は腹筋を割れる!!笑

※ヘタレ野郎でも腹筋が割れることが重要。

 

【俺のスペック】

・173cm 56kg(インドア派)

・もやしっ子(細身・色白)

・中性的で筋肉質ではない

・3日坊主ではなく1日坊主(飽き性)

 

3か月の成果は!?

 

毎晩10回(約2分)3か月続けた結果です。

俺的にはかなり上出来だと思っている。

 

え?全然じゃねーかって??

合計3時間しかしてないここ重要!!

※90日×2分=180分(3時間)

 

1日10回以上するな!!

俺理論「目標は小さく!!」

 

実際に3か月間続けてみてわかったことがある。

継続こそが最高のプロテインだということ。

 

ちょっと何言ってんだコイツwwと思った人もいるかもしれないが、やめたら意味がないということを強くいいたい!!

 

こんな俺でも3か月続いた理由は、1日10回という簡単な目標設定だったからだ。

・1日10回(約2分)なら毎日頑張れる

・普段鍛えない部位だから成果が出やすい

・嬉しくなってたまに回数を多くする

・疲れてやりたくない日はしない

 

これが好循環の秘密だ。

気分が乗らない時はしないのも大事なポイント。

そこには「超回復」という魔法の言葉が関係している。

 

超回復と頻度の関係

筋トレ初心者には馴染みない言葉「超回復」

筋肉痛とかの時、休めさせることで筋繊維をより太くしようとする

 

つまり!!

腹筋に負荷を掛けたのであれば、逆に休ませた方が良い。

 

大事なのは、負荷を掛けたのであれば・・・

 

腹筋は超回復が早く、負荷が掛けにくい部位

1日やらなくても良いが、毎日するのがベストだろう。

 

正しいやり方について

私は立ちコロではなく膝コロ派です。

理由は「腹筋に対する意識」

 

・息を吸いながら押し、ゆっくりと戻りながら吐く

・腹筋をしっかりと意識をする

・肘は曲げず顔を少し上げる

※1回に時間を掛け、負荷を意識

 

立ちコロは膝コロより難易度が高く、意識が疎かになります。

腰を痛める可能性も上がるので、膝コロで十分だと考えます。

 

ポイント

腹筋ローラーは下腹には効きにくく割れにくい。

足上げなどの下腹運動で補う必要性があります。

 

おすすめはアシスト付

アシスト付き腹筋ローラーとは、身体を戻す時に補助機能が付いているモノを指します。

腰への負担が減り、比較的簡単に出来るようになります。

 

アシスト付きをお勧めする理由

①腰を痛めない

腹筋ローラーの課題は「腰痛になりやすいこと」

 

正しいフォーム、やり方が間違っていることが原因。

初心者に完璧なフォームは無理だし、最初は特に意気込んで無茶をする。

 

慣れる前に腰を痛めて挫折する例が多くあります。

鍛えようとして怪我したら意味がありません。

 

②継続しやすい

腹筋ローラーで一番大切なのは「継続力」

日々の積み重ねが成果となって腹筋に現れる。

 

だがしかし、筋トレ初心者にとって1回でも超ハード。

出来るようにならないと嫌になるのは当然です。

腹筋ローラーは続けることに意味があります。

 

ポイント

アシスト付きだから効果が得にくいなんてことは全くありません!!

むしろ安全に腹筋へ負荷を掛けられて、正しいフォームを得ることができます。

 

まとめ

ジムは設備は整っていますが「時間とお金」を取られます。

 

腹筋ローラーのアシスト付きは少し高いですが2,000円。

場所や時間を選ばず、腹筋効果を得ることが出来ます。

 

腹筋ローラーは楽に鍛えたいのであれば、無駄を省ける最高のツールです。

是非、一緒に超回復を体感しましょう!!

【2019年度版】スマホ高いには訳がある!?安く持つデメリット徹底解説

【副業】サラリーマンに絶対おすすめしない小遣い稼ぎとは!?実体験をレビュー!!

-【趣味】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2018 AllRights Reserved.