趣味投資

【2022年版】didi配達員の給料・報酬はいくら!?俺の専業時給を公開しつつ徹底解説


この記事はdidiフードの時給はいくらなのか?おすすめの配達員なのか?を記載した内容です。

私も配達員を始めると決意した際「ウーバー、フードパンダ、出前館、menu」どこにしようかと悩みました。色々検討した結果、辿り着いたのがdidiフード配達員でした。

他の配達員をしないの!?と聞かれることもあります。が、今後も一切する気はありません、その理由も含めてご紹介したいと思います。

まずは俺の結論

最終結論
1カ月稼働した結果
時給換算1,800円~2,200円

これは原付バイクで稼働した場合の平均収益です。
1時間に2.5件をこなすと達成することができます。

浪費する豚

一番重要なのは単価が高い時に出動すること。もうひとつ稼ぎ柱があると焦らず効率化できるブヒ。

貯金主義者

紹介コード「FOOD-TL2YHX」を利用し条件達成した場合、紹介料の半額をキャッシュバックさせていただきます。

配達バックはどうする!?

didiフードではパートナーハブと呼ばれる拠点に行くと受け取ることが出来ます。(大阪、福岡、神戸、広島、京都、名古屋、沖縄、宮城、静岡)

そこで正式にdidi配達員として認定を受け、デリバリーバッグを購入します。

これは強制購入で4,000円アプリから自動的に引かれる仕組みになっています。※辞める際、返品すると4,000円は返して貰えます。

didiバックは個人的にはかなりおすすめです。
原付などの固定派なら付属の紐で取り付けることが可能です。

貯金主義者

バッグの機能性と使いやすさはダントツ最強。
肩への負担がかなり大きいので固定がお勧めです。

時給の計算方法は!?

受取料金    (固定)150円
受渡料金    (固定)150円
距離料金     1km×50円
アディショナル 100円~400円
(配達員不足で加算)
ピークタイム  100円~160円
(割増地域のみ)
+クエスト報酬 (配達20件~)


時給を伸ばすには、ピークタイムの(11時~14時・17時~21時)のアディショナル料金が全てだと言えます。

なので、アディショナル料金が発生しない時は稼働しないようにしています。

クエストは配達件数を達成すると追加報酬が貰えますが基本は意識しません。
達成を目指すあまり、ピーク時間以外の稼働も余儀なくなくされる時給は間違いなく下がります。

貯金主義者

クエスト達成で報酬が貰えますがあくまでもおまけです。ピーク時間以外も稼働すれば時給は間違いなく下がります。

効率的工夫
・スマホホルダー購入
・配達バックの固定
・手袋とカギを連結
・単価が高い時に稼働

⇒地図を確認でき迷わなくなった
⇒受け取り後のロスを減らせた
⇒探す手間が一切なくなった
⇒働く時間は減るが効率的に

俺が購入したのはこちら↓

貯金主義者

始めたばかりでも時給1,250円はありました。
そこから効率化を進めると安定して時給1,800円越えに。

今後のデリバリー業態は!?

配達件数は今後減っていく
・今は新規キャンペーンの影響
・新規が減るにつれ配達先が減る
・専業配達員が淘汰され始める

今後は広範囲でなければ注文が連続で受けれないと予測します。
それと同時に時給換算すると間違いなく減るはずです。

つまり、自転車の配達員は淘汰され、バイク配達員が生き残る。
(高時給にこだわらなければ、誰もが続けられますが。)

配達員で楽して稼げる時代の終わりはもうすぐ来ると予言します。
1年~2年以内にだからこそ今始めるのがおすすめです。

貯金主義者

紹介コード「FOOD-TL2YHX」を利用し条件達成した場合、紹介料の半額をキャッシュバックさせていただきます

まとめ

Uberとの比較
・配達先までの距離が加算される
・早押しをする必要がない
・自転車Uberならショートが多い

自転車ならUberの方が良い。
原付バイクならばdidiが良い。

年末年始こそ稼ぎ時なので是非この機会に始めるのをお勧めします。

こちらの記事もおすすめです↓
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                
https://gyozarie.com/burogu-shunyu/  

-趣味投資