趣味投資

簿記3級と2級を同時勉強は可能!?独学で飛ばし合格した三流大の俺が解説しよう

俺は簿記3級を飛ばして簿記2級だけ合格しました。

はじめは三級も同時に受ける予定でしたがある事に気が付いて止めました。
しかも、俺は一発合格ではなく4度も落ちています!!

(さ、さすが三流大学と言ったの誰だ・・・。)

しかし、連続で落ちたからこそわかったこともありました。

※この記事は失敗から得た体験談と対策を記載した内容です。

まずは俺の結論

最終結論
同時ではなく3級から受けるべきである!!
優秀な人なら2級でも可能だと思う。

独学でも3級飛ばして2級に合格できる事を証明した。が、簿記3級からしっかりと勉強するのをおすすめしたい。

2級は過去問と同じ形式で出題されるが、ひねった問題を出してくる。
簿記の基礎を理解していなければ絶対に解くことはできない。

貯金主義者

どんな資格勉強でも過去問だけ何度も解くタイプなのですが、簿記2級は通用しませんでした。

簿記には価値がない!?

簿記は誰でも3級に合格しなくても2級から受験することが可能です。
そして、資格保有欄には簿記2級からしか書くことができません。

そのことを知り3級&2級の同時受験ではなく飛び級挑戦したのが俺氏。
本当に地獄のような1年間の簿記生活が続きました。

メリット
・就職で有利になる
・社会人になってからも役立つ
・決算書を読め、株などに使える
・個人事業主なら取得が良い

貯金主義者

これらは簿記のメリットに言われていますが全部デタラメだと感じています。実際に簿記2級を取得しましたが全く役立ったことはありません。

なぜなら
・実際は最終面接にすら進めない
・社会人として使ったことはない
・簿記2級では決算書は読めない

個人事業主は簿記3級を持っていた方が良いと言われますが、現在は誰でも簡単にできる会計ソフトがあります。

これからの時代はAI化が進み、会計・経理関係は更に縮小され、簿記の必要性はより薄れることが濃厚です。

ですが、これはあくまでも男性だった俺の話であり、女性は違います。
中小企業の事務職は女性が多く、簿記2級を持っているだけで就職は有利になります。

貯金主義者

男性諸君にお勧めしたいのはFP(ファイナンシャルプランナー)を本気で推奨したい。

簿記の合格率は!?

簿記3級
・合格率50%前後
・過去問と類似問題ばかり
・3カ月勉強すれば十分

記念受験や強制受験の人も多く、実際の合格率は70%を超える。

簿記2級
・合格率20%前後
・過去問から更にひねり
・6カ月の勉強は必要

3級を合格した実力者が集い、一桁合格率の時もある。

3級と2級の一番の違いは、問題の傾向と対策です。

過去問題を何回も繰り返すだけで簿記3級は合格できます。
ですが、2級は過去問と同じ形式ですがひねりを加えて出題されます。

つまり、基礎力がなければ応用に対応することが出来ないのです。

貯金主義者

宅建に一発合格した勤勉な知人も簿記2級に一度落ちていました。

簿記2級の勉強法は!?

・過去問題を完璧になるまで解く
・想定問題にいくつも触れる

2級は出題年度によって難易度の波があります。
合格率が低い回には過去問で見たことのない問題が設置されています。

簿記は他人との争いではなく得点が取れるかどうかが全てです。
なのでそういう試験回は合格率が8%~18%とガクッと下がります。

これを対策するには想定問題にいくつも触れるしかありません。
俺のような過去問だけをぶん回すタイプは基礎がないので相当苦労するはずです。

俺が合格できた教材はこちら↓


まとめ

・基礎知識が定着しないと合格に苦労する
・諦めずに何度も受けると簡単な回も来る

最後なので俺の本音を書くが、正直簿記はいらないと思う。
人生で簿記を知っているから「得をする、損をしにくい」ということは少ない。

本当に重要なスキルは、FP(ファイナンシャルプランナー)だと思っている。
支出を減らすことは、収入を増やすこと以上に簡単で豊かにするからだ。

こうやって俺が独立できたのもFPおかげだとも思う。

こちらの記事もおすすめです↓

-趣味投資