【投資】 【生活品】

【最強ゴキブリ対策】アロマのベチバー製油を使った結果がマジ凄かった

更新日:

スポンサーリンク

 

一昨年の夏、奴は颯爽と我が家に現れた。

スピード、耐久性、繁殖力どれをとっても超一流。

 

それに挑んだのが名高きゴキジェットプロ。

初戦は食べ物をスチールされ、逃亡され敗北を喫した。

 

貴様らに恐れているからこそ一匹残らず駆逐する。

俺の新たな相棒、アロマ戦術でな!!

 

この物語はゴキブリとの3年間を記録したバトルストーリーである。

 

スポンサーリンク

 

アロマの秘められし力!?

 

アロマにはこんな言い伝えがある。

「害虫の嫌な匂いを発することで自己防衛する」と。

 

そう、今回俺が用いるのがコレの応用。

名付けて、ゴキブリの嫌いな匂いのアロマを焚いて焚いて焚きまくろう作戦。

 

ゴキブリが苦手な匂いを調べていると・・・。

九州大学のゴキブリ研究の論文に行き着いた。

 

・シナモン
・グローブ
・スペアミント
・ローズマリー
・ラベンダー
・レモングラス
・ベチパー

 

 

これらはゴキブリが苦手で嫌いな匂いで近寄らないと記されている。

その中でもベチパーは100%の確率で避けたとのこと。

 

これだ!!

何々!?アロマは精油じゃないと効果がないだと!?

 

アロマと精油の違いってなんだよ・・・。

 

・香り成分を100%抽出したのが精油

・化学香料・合成の香は効果がない

 

 

まぁつまり、安物は効果がないってことだな。うんうん。

後で商品は紹介するが、Amazonで早速購入して戦場へ。

 

対ゴキブリ戦略対策会議

 

俺がAmazonから招集を掛けたのがこいつらだ。

・ベチパー精油

・レモングラス精油

・アロマデュフューザー

 

いずれも全国で活躍しているトップクラスとの噂だ。

 

さて、戦略はいたってシンプルだ。

デュフューザーに水と精油を入れ、朝まで6時間焚く。

 

今回はそれを見越して、タイマー付きの奴を購入したぜ!!

これで奴らも一網打尽だ!!

 

作戦は順調に進んだ、次の日も、その次の日も。

10日後に奴と遭遇した絶望感よ・・・。

 

アロマ、お前はパワーストーンと同じ種族なのか!?

 

第二章 新たなる発見

 

俺はあることに気が付いてしまった・・・。

 

桃鉄の貧乏神ボンビーに憑依されたら、追い出すのは至難の業だ。

つまりだ、アロマは忌避効果はあるが、爆破効果はない

 

ゴキブリの住み家になってからアロマを焚いても遅いということ。

 

愚策を変更する、奴らの基地を爆破せよ!!

バルサンによる殲滅が実施された。

 

戦場は奴らの死体で溢れかえっていた・・・。

その後、アロマを焚き続けたのは言うまでもない。

 

第三章 春の陣「卵からの刺客」

 

あれ以降、一匹もゴキブリと遭遇することはなかった。

だが、俺は一つ大きな懸念を抱いていた。

 

ゴキブリは死ぬ前に卵を残す、それは春に孵化し成長する。

俺は恐れた、奴らが親の仇で襲ってくるのではないかと・・・。

 

 

そこで俺は検証することにした。

・アロマの忌避効果が本当にあるのかどうか!?

 

判定は簡単だ。

この夏、バルサンを焚き死骸が出なければ効果あり。

 

結果は「ゼロ」死骸も皆無だった。

 

最強アロマ術マニュアル

 

今年も春からアロマを使い続け一匹も見ることはなかった。

これでアロマの効果を確信したので今回記事にすることにした。

 

今回実際に購入して使用したのがコレ↓
(画像をクリックしたら飛べます)

 

 

ベチパー精油の欠点

・液体が固まり、使いにくい。

・土の匂いで癒されない。

 

以上の理由から、レモングラス精油に切り替えましたが効果抜群です。

最近は焚かずに精油をキッチンに置いてるだけですが一匹も見ません(笑)

 

最後にポイントをまとめると

 

ゴキブリ対策にアロマ精油が有効であることがわかりました。

上記の精油1本で毎日使っても2ヶ月~3ヵ月持ちます。

 

ですが、既に住み家にされている場合は

 

①バルサンでまずは基地を全滅させる。

②アロマを焚き続け、寄せ付けない。

 

これでゴキブリが住み着かない家づくりをすることができます。

おすすめなので困ってる人は是非してみてください。

-【投資】, 【生活品】

Copyright© 年収300万!!無駄を省く節約ブログ , 2019 AllRights Reserved.